ダイスキな天然香料のしっとり化粧水で厳寒を乗り越えています

普段から超乾燥肌のため、いろいろな保湿化粧品を試しています。

 

特に冬場は乾燥が激しいので、いつも頬のまわりが赤くなってしまいヒリヒリするので、この季節はいつも以上にケアが必要になってきます。

 

 

 

今まで使ってきた中で肌の調子が安定したなと実感できたものは、

 

草花木果のハリ肌化粧水のゆず。よりしっとりを使用しましたが、ホントによく

 

潤いいつも粉が吹いていた頬が、しっとりとしてキメが整ってきたのでビックリ。

 

 

 

草花木果は天然香料を使用している製品が多いので、普段から愛用していましたが、特にゆずシリーズはどれも天然の香りが素晴らしく心地が良いのでお気に入りです。

 

 

 

このゆずの化粧水は、主成分のゆずをはじめ、ぼたんやイチヤク草、あんず、温泉水などが含まれており、美肌成分がたっぷり。

 

コットンにたっぷり浸してパックのように使用すると、翌朝には肌がなめらかになっているので、ここぞという時とても助かります。

 

 

 

ゆずの香りが苦手という方には難しいですが、柑橘系の香りはとても精神的に癒されるので、就寝前にお手入れすると安眠でき一石二鳥でしたね。

 

エンリッチリフトで、乾燥知らず。

冬になると、目の周りが乾燥でパリパリ。縮緬皺が出来てしまい、干からびた顔でやるせない気持ちになっていた私。化粧水や美容液、クリームを一通り買いそろえても、きちんと塗るのが億劫になってしまい、結局、きちんと保湿ケアも出来ないまま30代を迎えました。その時、「このままじゃダメだ!乾燥したおばさんになる!」と愕然とした私は、藁をも掴む思いで購入したのが、ドクターシーラボ、エンリッチリフトです。

 

このゲルはこれ一つで、乾燥しらずのふっくらモチモチの肌にしてくれくれるので驚きました。初めて購入した七年前は、独特な香りが少し気になったのですが、改良改良を重ねた現在のエンリッチリフトゲルは、その香りも改良されて使い心地が良くなっています。このゲルのお陰で、洗顔後のケアは楽ちん。その空いた時間で、アロマを入れた加湿器を入れたり、健康によい食事を作れるようになったお陰で、若かった20代の頃よりも、「肌が綺麗だね」と言われる回数が増えた程です。